ST SIGNATURE CHINATOWN @シンガポール チャイナタウン 立地・コスパ良しで一人旅にもぴったりなホテル

 

こんにちは!Ellieです。

 

10月に人生初シンガポール旅行に行ってきました!

 

ホテルを探して色々と見たんですけど、シンガポールのホテルはとても高いか安い二段ベッドを並べただけのようなゲストハウスが多く、1人旅によさそうなバランスのとれた場所がなかなかありませんでした。

 

どちらもちょっと・・・と調べまくって見つけたST SIGNATURE

 

立地がよく快適だったので紹介します。

 

 

HP

https://stsignature.com/

 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

地図

 特徴

co-living(コリビング)スタイル

co-livingとは?

シェアハウスのように複数の人が暮らし、コワーキングスペースのようにさまざまな職業に就く人が一緒に仕事をしながら過ごせる住職一体型の施設のこと。

施設の中には居住者の住居となる家具が備え付けられた個室があり、共有部には仕事をおこなうワーキングスペースのほか、キッチンやリビングなど生活に必要な共同スペースが設けられています。

 

引用元 https://sumika.me/contents/12079

参考 https://en.m.wikipedia.org/wiki/Coliving

 

こちらのホステルも、個室+キッチン含む共用スペース,ちょっとした打ち合わせや雑談ができるイスが各階にあります。

 

でもこの目的ではなく普通に泊まるホテルとしての利用でも、全く問題ありません。

チェックインとアウトはスマホで

チェックイン

予約をすると案内メールが届き、記載されるリンクに飛ぶとホテルとのチャット画面に入ります。

当日、画面の指示に従ってパスポートの顔写真をアップロードしたら完了! 

チェックアウト

同じくメールでチェックアウト申請してホストが承認したら完了!

 

分からないことがあればヘルプボタンがあるので、それをクリックしたらホストが手伝ってくれるので心配いりません🙂

 

(私は空港からMRTに乗って向かっている途中にチェックインしようと操作してて、パスポートアップロード前にできたと勘違いして現地に着いたらまだ完了できていない事が判明し、現地でオーナーとスタッフに手伝ってもらいました…)

チェックインを空港からの移動中に済ませたい方は、Voyagin(楽天グループのオンライン旅行サイト)で出発前に簡単予約・現地で受け取れるSIMカードポケットWi-Fiで快適に手続きを♪

 

指定されたカウンターで予約済みのチケットをプリントアウトしたものorスマホに表示させたものを見せるだけでスムーズに受け取りができ、現地でも自分のスマホを使うことができます。

 

部屋の鍵はカードなどではなく、テンキー入力

↑で紹介したチェックインが完了したらメールに部屋番号とテンキー入力番号が記載されてくるので、それを入り口で入れれば大丈夫です。

その画面をスクリーンショットしておくことをおススメします。

 

参考に、私がチェックインした後にきた案内です。

「Cabin Access Code」に番号が記載されます。

f:id:Ellie-ak:20191215105613j:plain

 

 

写真

外観

f:id:Ellie-ak:20191211214407j:plain

建物内

エレベーターがないので、階段です

f:id:Ellie-ak:20191211214722j:plain

2階がロビー

f:id:Ellie-ak:20191215125325j:plain

f:id:Ellie-ak:20191215125427j:plain

私の部屋は4階

何ヶ所か踊り場があるので、休みながらスーツケース持って頑張って上りました…

f:id:Ellie-ak:20191215125451j:plain

(他のゲストハウスも調べたけど、ほとんど階段でした。

スタッフにお願いしたら手伝ってくれたかも?)

部屋(S-Lower,Windowタイプ)

コンパクトでこのタイプはテレビ付いていませんが、一日中出掛けて帰って寝る位のスタイルなら十分だと感じました。

f:id:Ellie-ak:20191215110456j:plain

 

入ってすぐ右手にテーブル,鏡,セーフティーボックス,エアコン(個別調整可!!ありがたい!!),ティッシュ,映ってないですが上に服が掛けられる棒とハンガー有り

f:id:Ellie-ak:20191215111411j:plain

部屋の奥にはテーブル(コンセント付き)とイス

f:id:Ellie-ak:20191215110758j:plain

ベッド枕元にもコンセントと電気スイッチが有り、寝ながら充電可能

f:id:Ellie-ak:20191215111626j:plain

 

コンセントはBF型でした。

変換プラグを持っていない方は予め準備していきましょう

シャワー・トイレ

部屋には付いておらず、共用になります。

2階:男性専用,3階:女性専用,4階:男女共用です。

私はシャワーを3階で、朝の洗顔を4階で使用したところ、両方ともペーパータオル,ドライヤー,ハンドソープ等が備え付けられていました。

地味に嬉しかったのはペーパータオル!

 

4階

開放的でとても清潔

f:id:Ellie-ak:20191215122328j:plain

(この4つ並んでるの、SPEEDのmy graduationのPVぽい!!と世代の私は1人テンション上がってました)

 

トイレとシャワーは分かれています

f:id:Ellie-ak:20191215122801j:plain

f:id:Ellie-ak:20191215123031j:plain

3階:女性専用

f:id:Ellie-ak:20191215122940j:plain

シャワールームはシャワーカーテンがあるので、濡らしたくないものは扉との間のスペースにフックがあり、そこに掛けておけます。

棚はないので針金ハンガーをフックに掛けると、タオルとか掛けておけるので便利でした。

f:id:Ellie-ak:20191215123714j:plain

 

色々なホステルやゲストハウスを調べて感じたのは、シンガポールは土地代が高い為部屋がかなり狭く、部屋にシャワートイレがあってもトイレのすぐ横に仕切りも何もなくいきなりシャワーがあったり、ベッドとシャワールームの距離が近すぎて部屋が湿気まみれになりそうな所が多かったということです。

 

私はシャワートイレが部屋にあることよりも、清潔でセパレートされている方が希望なので、そういった点を求められている方はここはかなりポイント高いと思います✨

 

どうしてもここを両立したい場合は、1人旅の場合1泊2万以上払わないと、満足できるものは少ないと思います。

 

4階の共用スペース

私の部屋の前に1枚扉があり開けると

f:id:Ellie-ak:20191215124555j:plain

こだわりを感じる共用スペース

f:id:Ellie-ak:20191215124730j:plain

私の宿泊中、他の部屋の方がここでPC作業をしたりPCを操作しながら電話でやりとりしていました。

 

部屋より明るいし開放的なので捗るのかも。

 

勿論、ちょっと休憩とのんびりすることも◎

 

ランドリー 

洗濯機と乾燥機はこの施設にないので、事前に調べて近くのコインランドリー  「Easy Wash」に毎日行っていました。

 

↓記事はこちらから

チェックイン,チェックアウト後の荷物置き場

2階受付の奥にベランダ?ちょっとしたスペースがあり、そこにロッカーが設置されているのでそこに入れておくことができます。

f:id:Ellie-ak:20191215130413j:plain

私は持参していた小さめ南京錠を使ってロックしておきました。

(持っていない場合、貸してくれるかは不明です…)

f:id:Ellie-ak:20191215130532j:plain

まとめ

シンガポールはホテル代がかなり高い中、この充実した設備と立地で今回は3泊で約22,000円と、満足のいくものでした。

 

ホテル探しで迷われている方は是非候補に入れてみてください🙂